オプションサービス

専用型ファイアーウォール

ファイアーウォールとは?

外部からの不正なアクセスからデータを守る為の防護壁で、必要な通信のみを通過させ、不要な通信を遮断することができます。
データやプログラムの盗み見、改ざん、破壊等が行われるのを防ぎ、またデータセンター内へ流れるデータを監視し、不正なアクセスを検出・遮断することができます。

    専用型ファイアーウォールとは?

    従来のファイアーウォールですと、複数のお客さまが1台のファイアーウォールサーバーを共有して、ご利用いただいておりましたが、専用型ファイアーウォールでは、お客さまサーバー1台に専用のファイアーウォールサーバー1台をご提供いたします。

    共用型ファイアーウォール専用型ファイアーウォール

    専用型ファイアーウォールの特長

    ファイアーウォール経由のアクセスログのレポートを確認することができるため、より効果的なセキュリティポリシーを専用の管理画面から変更することが可能です。(初回のポリシー設定の際には管理画面を利用することができません)

    アクセスログのレポートアクセスログのレポートアクセスログのレポート

    オプションのファイアーウォールを導入しない場合とした場合の違い

    サーバーにはたくさんのポート(データの出入口)があり、通常使用しないポートを開けておけばそれだけ不正なアクセスをしやすくなります。また、データセンターのセキュリィティ−ポリシーは一般的な設定であるため、最低限のポートしか閉じていません。
    一方、お客さま毎にファイアーウォールを利用して、セキュリティポリシーを設定していただくことにより、より強固なセキュリィティを築く事ができます。 それがファイアーウォールオプションです。

    例えば・・・
    外部より、FTPポートを狙って不正アクセスした場合。
    →(FTPポートとは:File transfer protocol、コンテンツのアップロード等に使用されます。)
    *FTPポートをすべて閉じ、お客さまのIPを例外に設定することにより FTPポートを利用した不正なアクセスは防げます。

    お客さまサーバーA:オプションファイアーウォールあり。不正なアクセスをファイアーウォール前でブロック!
    お客さまサーバーB:オプションファイアーウォールなし。不正なアクセスを受けてしまう。

    お客さまのアクセス

    対象サービス

    • バリューシリーズ
    • マスターシリーズ

    ご利用料金

    初期設定費用 38,000円(税抜)
    月額利用料金 30,000円(税抜)
    お申し込み
システム移行サービス ご利用中のお客さまはこちら
.shopドメイン シンプルメール もしもの時のバックアップtorocca! 動画セミナー配信中 GMOクラウドのビジネスパートナー募集

導入事例

株式会社 学研教育出版さま