Apache Struts 2 の脆弱性 (S2-045) に関する注意喚起

2017/03/10

※本脆弱性につきましては、弊社からのサービス提供時状態(初期状態)ではApache Struts 2がインストールされていないため影響はございません。
お客さまご自身でApache Struts 2をインストールされ、ご利用の場合はアップデート対応を行っていただけますようお願いいたします。

お客さま各位
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

JPCERT/CCより、Apache Struts 2 に関するサービス運用妨害の脆弱性が公表されました。
本脆弱性を悪用された場合、お客さまサーバー内情報の破壊や改ざん、
漏えいが発生する可能性もございますため、下記をご確認いただくと共に、
ご対応いただけますようお願い申し上げます。

【概要】
遠隔の攻撃者が、細工した HTTP リクエストを送信することで、Apache Struts 2 を
使用するアプリケーション (Strutsアプリケーション) を実行しているサーバにおいて、任意のコードを実行する可能性がございます。

【詳細】
■JPCERT / Apache Struts 2 の脆弱性 (S2-045) に関する注意喚起
http://www.jpcert.or.jp/at/2017/at170009.html